冷え性、冷え症との体質改善サイトです。

冷え性、冷え症、改善できます。







■治療と対策  東洋医学で



最近は東洋医学も見直されていろいろなところで治療できるようになりました。
東洋医学を利用する方も増えてきました。やはり身体にやそしい事が理由の
ようです。

冷え性体質にはとても効果があります。

体質改善にはとても効果があります。



■漢方薬では

一番大切なのが


   しょうが  生姜



が入っています。

生姜は身体を温める作用があります。食事のときにも必要なものです。
夏にそうめんを食べるときなどにも利用するのが理解できます。

この生姜は漢方薬のほとんどに入っていますからこれは冷え性体質を対策
して温め血行をよくして治療するために入れています。しょうがの効果がほ
かにもありますが、基本は温める作用です。



飲み方

漢方薬はやはりお腹のすいているときに服用してください。食後よりも効果が
ありますからぜひとも空腹時、食間に飲むことがポイントです。





■針治療、整体、漢方薬


これらも全て血液の流れをよくすることが基本にしています。私が利用するの
もやはり温かくすることで免疫力をつけますから、効果が持続します。

いろいろな対策があるでしょうが、まずは温めることから始めてみましょう。


漢方薬なら

しょうがでしたが、トウキ  センキュウ  なども温かくして血流をよくします。
一つだけをつかうのでなく、いろいろあわせて利用することで効果があがりま
すから、相談されて飲むことをおすすめします。


■マッサージ

これも治療として効果があります。マッサージをするだけでも血流が良くなり
解消するでしょう。冷え性で血液の流れが悪いのはどこかに関所があるから
です。血管がどこかで狭くなっているからですが、それが筋肉であったり姿勢
であったりします。これが原因であることです。

マッサージでこの関所を解消するために筋肉を和らげるためにマッサージ、
指圧をすることも効果があります。

特に関所となるところは股関節があげられます。この股関節の周りの筋肉を
マッサージすれば効果はあがります。

自分でするのですから、特に股関節の前を指圧、マッサージをすることで冷
え性の効果があります。

個人差がありますが、冷え性は短期間で効果があがる傾向にあります。姿勢
を正すことも大切ですが、これだけで効果のある特効薬はないでしょうから
冷え性になる環境はぜひとも避けるようにしてください。


この東洋医学対策でも代謝をよくしてダイエット効果もあります。



 ワンポイントも参考にしてください。

冷え性は毎日の小さな対策から始めることで効果が出ます。
冷えることの体への影響は大きいです。

生理痛などにも不妊症、がん、風邪、など難病までも関係が
あるといわれていますから、注意をする必要があります。



病気の始まりは冷え性からからです。

万病はの元は冷え性からです。

私は体質改善をお勧めしています。