冷え性、冷え症との体質改善サイトです。

冷え性、冷え症、改善できます。






冷え性と不眠

体が冷えてなかなか眠れない人がいます。手足が冷えると眠れない。

なかなか体が温かくならないとリラックスモードになりません。

夜になっても眠るのが出来ない人がいます。昼よりも少しだけ体温が低下

すれば眠れるのですが、体温がいつも低いと温度の変化がありませんから、

睡眠にスイッチがはいりません。

手足が冷たくて体温が程よくあがらないので、熟睡ができません。

眠った気がするがなんだか疲れがたまっていたりします。

少しは体温が昼より低下するほうがいいのですが、いつも冷え性の

人は脳のリズムが睡眠モードになりません。


ゆっくりと深呼吸をして、まずリズムを整えて目をとじましょう。

テレビ、音楽などは脳を起こしてしまいますから睡眠不足の時は

注意が必要です。


不眠の人は昼に寝ていることも多く、時間がずれています、自律神経の

逆転現象がありますから、注意をする必要があります。




東洋医学で不眠は   からくると考えますから疲れを作らない、

さらに    が安定しないと心が落ち着かず不眠になります。

ためないようにすることが必要です。

足の親指をつまんで見ることも効果があります。

手の小指をつまむのもいいでしょう。

このときは痛くない程度でいいので刺激をしてください。


不眠は冷え性である限り、体も心も安定しませんから、昼は十分に

日差しを浴びて、昼と夜の変化を作るようにしてください。






病気の始まりは冷え性からからです。

万病はの元は冷え性からです。

私は体質改善をお勧めしています。