冷え性、冷え症との体質改善サイトです。

冷え性、冷え症、生理痛は改善できる。






冷え性で一番気になるのが女性でしょう。

その中でも、冷え性の人が多く毎日冷たいと感じている人を聞きます。手足が冷えている人は他人が触ってみて冷たいと感じる人と感じない人がいます。

ただ

冷え性は冬だけでしたが、最近は夏でも電車で冷えて冷え性になる人が増えています。

節電と言われる最近は電車の温度をあげたら

 「最近調子がいい」

なんていわれる女性が増えています。

女性の冷え症は特に美容などにも関係していて、肌は
冷え症と関係しています。そして当然ながら



生理不順
生理痛
筋腫
卵巣



などなど


女性の生理、痛みがあったり不順で悩んだりしている人は血流すなわち子宮の冷え性と考えて対策をしておく必要があります。冷え性体質ということです。

ご本人は冷えていると考えることはなく、他の病気と考える人がいます、いろいろなトラブルは冷え性が原因ということをしっかりと思っていただきたいです。


体が温かくなると、汗をかくのですが、最近は汗をかかなくなって、自分で体温調節が出来なくなっています。

汗をかくことで温かくする必要があります。婦人病の悩みも相談を受けると、汗をかくということがないといわれる人が多くなっています。

最近言われる

不妊
流産癖



など する人がありますが、これも子宮の冷え症と考えてみましょう。全てがそうではないでしょうが、まずこれを考えて対策をしたいものです。

子供が欲しくても出来ない人、原因が女性といわれていますが全てが女性だけでなく、男性も関係していることが多いですから、その原因を精子の数が足らなかったり、動きがよくなかった
りしています。それも冷え性と考える必要がありそうです。

婦人科のトラブルは年々増えており、まず温かくする対策をして元気になってください。

婦人科は若いときは女性ホルモンも十分に出ますが、年齢とともに低下していろいろな生理のトラブルが起こってきます。



病気の始まりは冷え性からからです。

万病はの元は冷え性からです。

私は体質改善をお勧めしています。