冷え性、冷え症との体質改善サイトです。

冷え性、冷え症、改善できます。





美容にはお風呂も利用することで効果が上がります。


冷え性体質の人はどのようなお風呂の入り方をしているのでしよう。

冷え性体質の人はお風呂が大好きでしょう。

当然簡単に温かいですから、気持ちもよくリラックスできます。
仕事の疲れを取ったり、睡眠不足を解消するためにも効果かは絶大です。

でも、逆に冷え性体質を作ってしまうこともあるのです。

不思議かも知れませんが、相談をしているとこんな入り方では冷え性にな

るのも当然という方もおられます。

冷え性体質は下痢にも、美容にも、血圧にも関係していますからぜひとも

対策をしましよう。


お風呂の入り方と肉の焼き方と同じでね。大切なことです。


外だけ焼く
程よい程度に焼く
中までしっかり焼く



この違いでしょうか。


お風呂に入った感じはどれも同じようなものです。
しかし、出てから体温の維持時間が違うのですね。
やはり、お肉とは反対の法がおいしさ、保温力は
違ってきます。ここで冷え症体質に違いがでてきます。

毎日、そして1年、一生となると体温維持保温力の
働きは格段の違い゛かでてきます。

是非からだの中まで火を入れるようにしたいものです。

ゆっくり時間をかけて、そして1日の疲れを取るように
してください。

●入り方は

最初は低温度でゆつくりと入ってください。時間を
かけて最後に温度をあげて出る。


ここからポイント

出たあとがみんなよくないのです。

というのも、暑いので汗をかきますが、扇風機で
風に当たり過ぎない、そして冷たいものを取らない。
ほどほどにすることがポイントですね。
水分も温かい程度で摂取するようにしたいものです。


温かいと感じる温度でじっくり汗が出るのを待つのがよい。
入浴にもハーブを入れたりして、温かさを持続する効果の
あるものを使ってもいいですね。

入浴は夜寝る為にもリラックスでき、副交感神経をリセツト
するためも効果がありますから、1日に一度はぐっすり
休んで明日の仕事に行きましょう。


私がたまにするのに

やはり  温冷浴  でしょう。
陰陽の関係で自律神経を整えるには最高の方法でしょう。
自律神経が体の全てを指令していますから、たまには刺激
しないとなまってしまいます。

お風呂で自律神経が整いますから、冷え性体質も改善できます。



病気の始まりは冷え性からからです。

万病はの元は冷え性からです。

私は体質改善をお勧めしています。








戻る